定期的なメンテナンス|住宅の寿命とは│雨漏り修理やメンテナンスは適切に行なう
一軒家

住宅の寿命とは│雨漏り修理やメンテナンスは適切に行なう

定期的なメンテナンス

男性

防水工事とは屋根や外壁、ベランダ・バルコニーからの漏水を防ぐための工事を言います。住宅へ大きなダメージを与える雨水は、適切に防水対策を施しておくことで住宅の寿命を延ばす効果が得られるのです。特にベランダやバルコニーといった場所は四方が塞がっている構造が多いため、防水対策を徹底する必要があるのです。近年では洋風住宅が増えていることもあり、ベランダやバルコニーから雨漏り発生するケースが増加しています。雨漏りは喘息やアレルギーといった人体への被害も懸念されているため、適切にメンテナンスを施すことが求められるのです。
過去に防水工事を行なったことがある住宅でも、経年劣化によるメンテナンスの重要性を忘れてはなりません。アスファルト防水は15年~20年と長い耐用年数を誇りますが、通常の防水工事では10年毎にメンテナンスを施す必要があります。雨が多い地域では、その期間もさらに短くなります。防水工事を請け負っている業者に依頼して、定期点検を依頼するようにしましょう。
日ごろからベランダの状態を確認しておくことも重要です。地面が波打ったり浮いたりしているベランダは、シートが劣化している恐れがあります。地面のヒビ割れや、コケなどの繁殖も防水性の劣化が疑われるので放置してはいけません。これらの劣化症状は防水の工法を問わず共通しているので、耐用年数の長さに関係なく発見した時点で早急に対処することが求められるのです。